SSブログ

英語について考えてみました [英語力と海外戦略]

商談02.jpg





現在私は日本国外にいます。

日本の情報は限られてはいますが、

いろいろな出来事をある意味、

客観的に捉えることができているとも言えるでしょう。

日本についての主な情報源は、YouTubeです。

日本のテレビやラジオは当然ですが視聴できませんから、

どうしてもYouTubeに依存してしまいます。

そのため、日本のマスメディアが

偏重していることを把握できましたし、

これまで伝統的に某新聞の記事を

当たり前のように信用してきたことが

実際はかなり脚色されていたということも認識できました。







スポンサードリンク











英語についても、今は「すぐに話せる」とか、

「たったこれだけで話せる」など私に言わせれば、

誇大広告を通り越して、それこそ詐欺まがいの宣伝が

多くなっているように思います。

英語に限らず、語学は、また語学に限らず、

すべての学問は、そんなに簡単に身につくものではありません。

わたしの限られた英語学習の経験だけですが、

英語については、毎日コツコツと学習したことを復習し、

単語を覚えるとう作業を繰り返し、

初めて自信がついてきます。

最近では小学校から英語を学び始めるようなので、

早いに越したことはありませんが、

英語を教える教師側は結構大変なんでしょうね。

教師じゃなくてよかったなぁ、と思います。

小学生の場合であっても、学校の授業で

「国語」つまり、日本語を学ぶのですから、

それが英語であっても同じように取り組めるはずです。

「国語」の授業は確か、日本語の動詞活用

というのも出てきましたし、同じように英語の動詞活用に

つぃても覚えていくようにすればいいのではないでしょうか。

もっとも、日本語と英語では言語構造が違いますし、

一般的に日本語は日常生活で使用していますが、

英語はわざわざ覚えなくてはならないので、

できるだけ効率的に取り組みたいですよね。

その手段が「文法」つまり「英文法」なんです。

 


 
スポンサードリンク










小学校では確か、学校の授業で「国語」

つまり、日本語を学ぶはずですね。

「国語」の授業では確か、日本語の動詞活用を学びます。

わたしは、「活用」ということばの意味をここで

初めて理解したことを覚えています。

同じように英語の動詞活用につぃても

覚えていくようにすればいいのですが、

なにせ、日本語と英語では言語構造が

違いますから、どうしても構えてしまうんですね。

一般的に日本語は日常生活で使用していますが、

英語の場合はわざわざ覚えなくてはならないので、

できるだけ効率的に取り組めるといいんですが、

その手段が「文法」つまり「英文法」だということを

なかなか理解出来ないのがほとんどです。

それでも仕事で英語を使う必要に迫られれば、

なんとか早く英語が話せるようにならないかと、

悩みながらいろいろな方法を考えられるでしょうね。

いちばん手っ取り早いのがいわゆる

英会話スクールに通うということです。

外人の講師に英語で話しかけられて、

緊張しなながら、何かを答えようとする、

経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

これって実は、あまり効率の良い学習方法では

ないんですよ。





スポンサードリンク




 


 

 


よろしければ、こちらもご覧ください。

↓↓↓

01文法から学ぶ英語勉強法

https://youtu.be/zJpBbziNYno
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます